爆釣ルアーフィッシング

爆釣ルアーフィッシング

ルアー初心者の練習に最適な釣り場

ルアーを使った釣りは、生餌が苦手な人にとっては手軽に始められる釣りです。この釣りで釣れる魚は種類が思ったよりも多く、また、海や渓流、川、湖と釣る場所も多くあります。代表的な例では、海のではシーバス(スズキ)やメバル、湖や下流に近い川ではブラックバス、渓流ではニジマス、イワナなどを手にすることができます。ところが、ルアーの種類は多く、スプーンの形をした金属の板状のものや、魚に似せたもの、さらにはゴムでできたソフトなものもあり、その時に狙った魚が何を食べているか、何に興味をもっているかを予測してルアーを選ばなければなりません。また予測が当たったとしても、糸を巻く速度やタイミングもその状況にあっていないといけません。これらのことを初心者がマスターして魚を手にできるのはなかなか難しいことです。そこで初心者におすすめな場所は管理釣り場と言われる釣堀です。管理釣り場は釣堀といってもルアーに慣れた手強い魚もいて、エサ釣りのようにいかず、手軽にゲームフィッシングが楽しめます。料金は場所にもよりますが、一日三千から五千円くらいですので、初心者の方はまずそこで魚を釣る感覚を身に着けるといいでしょう。

ルアー初心者はとにかく練習を

ルアー釣りはエサ釣りとは違いアクションをかけて魚にアピールする事が必要です。それだけでは無くポイントに正確に投げ込む技術など覚えなければならない事が多いです。ですので初心者の方はとにかく練習をしなければなりません。中でもまず練習する事はキャスティングです。これが上手くいかなければ釣りにならないからです。練習はひたすらキャストあるのみで空き缶などを的にしてルアーを使わずにオモリなどを投げるようにして行うと良いです。初心者の次の難関はルアーの動かし方ですが、これは実際に釣り場で行うと良いです。釣る必要は無いのでとにかく投げて巻き方や竿の動かし方を練習しましょう。もし釣れたらその時の感覚を忘れないようにしましょう。という感じでルアー釣りに限った事ではありませんが、初心者は慣れるまでにそれなりの練習が必要です。いきなり釣れるという事ももちろんありますが、狙って釣れるようになるにはやはり経験と技術が必要なものです。

check

2017/3/31 更新