爆釣ルアーフィッシング

爆釣ルアーフィッシング

不要になったルアーとその買取

ルアーを使った釣りは、生餌が苦手な人にとっては手軽に始められる釣りです。この釣りで釣れる魚は種類が思ったよりも多く、また、海や渓流、川、湖と釣る場所も多くあります。代表的な例では、海のではシーバス(スズキ)やメバル、湖や下流に近い川ではブラックバス、渓流ではニジマス、イワナなどを手にすることができます。ところが、ルアーの種類は多く、スプーンの形をした金属の板状のものや、魚に似せたもの、さらにはゴムでできたソフトなものもあり、その時に狙った魚が何を食べているか、何に興味をもっているかを予測してルアーを選ばなければなりません。また予測が当たったとしても、糸を巻く速度やタイミングもその状況にあっていないといけません。これらのことを初心者がマスターして魚を手にできるのはなかなか難しいことです。そこで初心者におすすめな場所は管理釣り場と言われる釣堀です。管理釣り場は釣堀といってもルアーに慣れた手強い魚もいて、エサ釣りのようにいかず、手軽にゲームフィッシングが楽しめます。料金は場所にもよりますが、一日三千から五千円くらいですので、初心者の方はまずそこで魚を釣る感覚を身に着けるといいでしょう。

使わないルアーは買取に出そう

ルアーフィッシングはその世界にハマってしまうと道具はどんどん増え続けます。竿やリールだけでは無くちょっと試しにという事でルアーもどんどん増え続けるでしょう。ですが実際は釣り場で使う物は実釣での実績のあるものや自分に合って扱いやすいものなどほんの一握りで、残りは残念ながらタックルボックスの肥やしとなっているという事も多いです。そういう使わないものはもったいないようですが思い切って買取に出してしまいましょう。買取に出す事でタックルボックスの整理も出来る上に新たなルアーを買う為の軍資金になると考えれば一石二鳥です。釣り具は決して安い物ではありませんし、ルアーは良い物であれば特に費用がかかってしまうものです。そうしてせっかく入手しても結局タックルボックスで眠ってしまっていては宝の持ちぐされです。そうなってしまった物は結局は自分の釣りのスタイルには合わなかったのだと割り切って、買取に出した方が良いでしょう。

Last update:2017/3/31