爆釣ルアーフィッシング

爆釣ルアーフィッシング

難易度高め 渓流のルアー釣り

渓流釣りは元々難易度が高い釣りですが、その中でもルアー釣りの難易度が一番高いです。渓流釣りでターゲットとなるイワナやヤマメは肉食ですのでルアーでも釣れます。ですが、渓流というフィールドで限られたポイントを的確に攻める為の正確なキャスティング技術など求められる事は数多くあります。主に使用されるルアーは小型のミノー、スプーン、スピナーなどで比較的軽いものです。それを木や岩などが邪魔をする限られた空間から更に魚が潜むであろうポイントに正確にキャストするという事だけでも相当な経験と技術が必要なのです。それに加えて渓流の魚独特の警戒心の高さという要素が加わり一層難易度を高めます。イワナやヤマメは釣り人の存在に気付いてしまうとエサを追いませんし、そうで無くともエサに違和感を覚えれば追いません。ですので最初のルアーの選択も非常に大事で、尚且つなるべく早くローテーションを見つけるという事も必要となるのです。

渓流ルアーフィッシングについて

最近、渓流ルアーフィッシングを楽しむ人が増えています。
渓流ルアーフィッシングとは、渓流と呼ばれる場所で、ルアーを使って釣りをすることです。
魚に気付かれないように近づき、上手に仕掛けを流すことが大事です。
魚は、水温の変化に敏感なので、当日の予想をする場合、水温を調べて記録しておく人も少なくないです。
水温だけでなく、水量や気温、天気などの記録を取っておくと、次に釣りに来た時に役立つことが多いです。
ルアーは、水流の速さ、対象になる魚、天候などを見て、種類やサイズ、重さを決めます。
初心者の場合は、スプーンで慣れるのが良いと言われています。
ただ引きでも、それなりに釣ることができるからです。
スプーンは、ミノーに比べると値段が安く、汎用性があります。
ミノーは、釣りをする場所によっては、非常に有利になる場合があります。
流れに逆らって泳がせる場合、スプーンを使っていると、浮き上がってしまうことがあります。
しかし、ミノーであれば、沈めて釣ることができるのです。